AOBAについて

企業概要

会社名
事業承継推進機構株式会社
(略称AOBA:Allied Organization for Business Succession Advisors)
設立
2016年(平成28年)3月
事業内容
  • 事業承継に関するコンサルティング
  • M&Aアドバイザリーサービス/M&A仲介事業
  • 創業支援、企業再生、地方創生に関するコンサルティングサービス
資本金
3,000万円
株主
ヒューレックス株式会社
役員
  • 代表取締役社長 松橋 隆広
  • 取締役     木崎 勝広
  • 取締役     佐藤 文昭
  • 取締役     神谷 貴宏
  • 取締役     浅野 有史
  • 監査役     矢川 昌宏(公認会計士・税理士)
住所
宮城県仙台市青葉区中央1丁目3-1 アエル17階
電話番号
022-217-7840 (代表)
アクセス
JR仙台駅(西口) 徒歩約3分




ご挨拶

事業承継推進機構株式会社(略称AOBA; Allied Organization for Business Succession Advisors)は、東北、ひいては日本全体における地域活性化・地方創生に寄与することを目的とし、各分野における専門家とともに中小企業の事業承継をサポートし、地域の経済と雇用の維持・拡大のために設立されました。
人口減少問題、晩婚化、少子化、高齢化、そして中小企業の後継者問題。
どれも日本が直面する大きな社会問題であり、その深刻さがもっとも急速に現れてくるのが東北地方といえるでしょう。

こうした問題を克服するため、当社は、地域の金融機関および会計士、税理士、弁護士、その他さまざまな専門家・士業のみなさまと連係・連帯を重んじながら広域ネットワークを形成し、スムーズな事業承継の実現と承継後の継続的な成長支援まで見据えたトータルサービスをご提供してまいります。

身近な良き相談相手として、経営者の想いを「次」へつなぐ― 企業経営者お一人お一人の想いを大切に守りながら、クライアントの利益に資する最善の方策をご提案・遂行する真のプロフェッショナル集団であり続けることが当社の信念です。

代表取締役社長 松橋 隆広

代表者のプロフィール

代表取締役社長,松橋 隆広

代表取締役社長 松橋 隆広

経歴

昭和61年4月
山一證券(株)入社
平成10年3月
山一證券(株)を自主廃業により退社
平成10年4月
(株)フジスタッフ(現 ランスタッド)入社
平成15年3月
(株)フジスタッフ退社(常務取締役)
平成15年4月
ヒューレックス(株)設立代表取締役就任
平成25年1月
マリッジパートナーズ(株)設立 ・代表取締役就任
平成28年4月
一般社団法人日本婚活推進センター(Calm)設立・代表理事就任

コンサルタントのご紹介

取締役 主席コンサルタント,木崎勝広

取締役 主席コンサルタント 木崎 勝広

経歴

平成16年3月
東京大学文学部英語英米文学専修課程卒業
平成16年4月
シスコシステムズ株式会社(現シスコシステムズ合同会社)入社
世界最大のインターネット通信機器メーカー日本法人にて、チャネルセールス(販売代理店マネジメント)に従事
平成17年10月
ハヤテインベストメント株式会社 入社
日本株をリサーチ対象とする投資顧問会社にて内需セクター(建設、不動産、小売、ヘルスケア等)の業界分析、企業分析、ボトムアップリサーチに従事
平成21年12月
楽天株式会社 入社
事業開発部にて、数々のM&A案件(国内案件/クロスボーダー案件)、ベンチャー投資案件、業務資本提携案件に従事
平成28年5月
ヒューレックス株式会社 入社(事業開発部長兼社長室長 現任)
平成28年7月
東日本事業承継機構株式会社 取締役就任

宮城県仙台市出身(宮城県仙台第二高校卒)

メッセージ

企業経営者の高齢化が進む中、後継者不在に起因した企業の衰退、清算や廃業をなんとか食い止めて、地元東北における雇用の維持拡大と経済活性化に貢献したい。
地方創生にかける強い情熱と決意をもって、自らの出身地宮城を起点にしてこの事業を立ち上げました。
これまでプロフェッショナル第一線の舞台で培ってきた投資やM&Aの知識・経験を活かして、多くの地方企業が抱える事業継承問題解決のお役に立つことができれば、私にとってこれに勝るやりがいと喜びはありません。
地域でもっとも信頼されるアドバイザーを目指して、誠実さを堅持しながら事業承継問題の解決に向けたご支援を提供させていただきます。